« 2007/10/29送信済 | トップページ | 2007/11/9送信済み »

2007年11月23日 (金)

2007/11/7送信済み

こんにちは!マナティーズの山崎です。

12月(11/30〜1/4)にマナティー写真展を開催いたします。
写真展とはいっても、イタリアンレストランのBARの1面をお借りして1ヶ月 間展示させていただくのです。
BARにきてくれた方々が食事やお酒を楽しみながら、マナティーの写真で目 にとめてくれるといいなぁと思ってます。

 実はこの写真展、「nature's(ネイチャーズ)」、 自然を愛する仲間とい う意味を込めた2007/11〜2008/1の3ヶ月間のイラスト&写真展の1ヶ月分で す。詳しくは・・
携帯用サイト http://www.jeepisland.info/natures/m
PC用サイト http://www.jeepisland.info/natures/

そこで、直前ではございますが、マナティーツアーに参加していただいた皆様 の写真を募集させてください。

 1. 写真展のマナティー写真の全体とバランスがありますので、申し訳あり ませんが2〜3枚軽いデーター画像を(11/11までに)メールください。
後日、展示写真が決定させていただきましたら、できるだけ大きなデーターを 送っていただきたいと思います。

 2. 全展示数は四つ切りサイズ(240mm×290mm)6点、キャビネサイズ (119mm×170mm)8点、計14点予定しています。
壁がそんなに広くないので、すみません。

 3. プリントは堀内カラーのプロ使用「ラムダプリント」(2,000円)を予定 しています。
申し訳ありませんが、プリント代を各自ご負担ください。ラムダプリントは強 制ではありませんので、最終はご自分でプリント提出して頂いてもOKです。

 4. 展示させていただく写真を販売してもいいか、販売許可いただける場合 いくらで販売してもいいかをお知らせください。

 今回の展示会には、カメラマンとして活躍されている、倉沢栄一さん、福田 幸広さん、鎌田多津丸さん、杉森雄幸さん、佐藤宏さん、市川和明さんに写真 の出展をお願いしてます。

 写真の額の候補ができました。
「世界の子どもにワクチンを」(グループMATEに協力)という形で収集しているペットボトルキャップ でリサイクルされた「エコプライ」というパネル板を利用して作成することに なりました。
 キャップの行方は(株)東京木工所が廃プラスティックとして買って頂き、 そのお金が世界の子ども達へのワクチンへの寄付となっています。
(株)東京木工所は買い取ったキャップを木くずと混合させて「エコプライ」 というコンクリートパネル、(建築材のコンパネ)を作成しています。
 先日このリサイクル工場を見学に行ったとき、このパネルでデザイナーが作 られたお洒落な椅子やテーブルなどをみて写真展の額を提案してみました。
すると(株)東京木工所さんが材料「エコプライ」を協賛してくださり、一緒 に見学に行ったキャップ回収仲間が好意で自作してくれることになったので す。
絶滅に瀕しているマナティーの写真展だけにとどまらず、多くのメッセージこ められるイベントとなり、嬉しいコラボレーションになりそうです。

10

« 2007/10/29送信済 | トップページ | 2007/11/9送信済み »